安心設計のRC住宅が人気を集める理由|夢のマイホーム建築

耐震構造

模型

日本の建物の構造は特殊

基本的に、近年の日本の不動産の構造は非常に特殊です。昔の日本の不動産の構造は、木造が基本でした。木造で住宅を建てていたのは、日本が島国で海に囲まれており山岳地帯で木を豊富に使うことが出来たからです。しかし、木を利用した建築には一つだけ問題点がありました。それは、耐震構造です。日本は、世界でも類を見ないほどの地震大国です。島国全体がプレートの上を通っているため、不動産を強固に建築したとしてもどうしても地震の影響を受けてしまいます。特に、木造は地震には強いのですがそれに伴う火災には弱い傾向にあったため法律によってその基準が見直されました。そして、現代のようなコンクリートや鉄筋中心の不動産が増えていったのです。

災害に負けない不動産にする

コンクリートや鉄筋の耐久性はかなり高いです。日本は、他の国と比べて耐震性に優れた不動産を建築しなくてはいけないため特にこうした構造の建物は強固なのです。実際、二次的な災害によって住宅が倒壊してしまうことはありますが地震によって家が倒壊することは珍しくなりました。また、マンションなどでは地盤の部分に地震の威力を和らげる装置が付けられているところもあります。こうした目に見えない努力によって、日本の不動産は世界一になったのです。コンクリートや鉄筋で不動産を作れば、周囲の音も大部分で遮断することができます。現代では、これらと木造を組み合わせた方法も開発されておりエコな住宅で住むことが可能です。手軽に強固な不動産を購入できるのです。